北島亭

明日は 札幌へ出張(新スタッフの面接他)なので、
今日、もう一軒、先日の東京へ行った際の お話です。
店を長くやってると ひいきにしてくださり 私生活(?)まで 心配してくださったり、
私に勉強させようという方とたくさん 出会ったりします。
N様も そのうちのお一人です。
villageに学生時代 バイトして それから 辻料理学校を卒業して この夏にイタリアへ行くという
O君の話をしたところ、私とそのO君にに是非 会わせたい人が居る。ということで
東京で 夜、N様の奥様と O君と待ち合わせして、
有名フランスレストラン 北島亭へ行きました。

北島亭(浅く知りたい人は)http://gourmet.yahoo.co.jp/gourmet/restaurant/Kanto/Tokyo/guide/0201/P002764.html
北島亭(深く知りたい人は)
http://allabout.co.jp/gourmet/eatout/closeup/CU20050124A/?FM=cukj&GS=eatout

元々、フランス料理っていうのは 好んで食べませんが、
食べること自体は 大好きなので、行く前から 楽しみでした。
上の HPを見た人はもう 大体 わかったと思いますが、ホントに生まれて初めての感覚です。
鮨は好きなので よく行きましたが、桜新町の喜よし へ行ったときの 感覚でした。

料理を食べ終わったら、N様の親戚という北島さんが 缶ビールを持って、
私達のテーブルに汗まみれでやってきて 1時間ほど、お話してくださり、
その迫力っていうものを感じました。
私もですが 北島さんは 言葉が粗いので、
時折 私のほうが 他のお客様の耳を気にして 冷や汗でした。
そのくらい 思ってることをハッキリ言う人で、仕事への拘りと誇りはスゴイ人でした。

たぶん、N様も その迫力っていうのを 私に教えたかったのでは?ないでしょうか。。。
最近、そういえば そういう熱いものが 薄れてきたかもしれないな。って
一晩、考え込みましたね。
オレも 昔は 熱かったよな~って。。。。

是非、皆さんも 一度は 行って欲しいです。
美味しいっていう味のほかに 
もう一つ、迫力・情熱みたいな味も一緒に料理に詰まっている っていう表現です。
おしゃれに カップルで 行くところでは ないと思いますが、
ジャケットは やはり羽織ったほうが いいですね。

こういう刺激が またvillageに 加わるのが villageの素直なトコです。
では!
明日は札幌です。

テーマ:日記 料理 気持玉(0)Comment (2)TrackBack (0)
[WEBSHOP] http://villageco.theshop.jp/ https://village1986.base.shop/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

  • ブル子

    はじめまして。
    私も料理が大好きで… 実は北島亭は私の通勤(チャリです)
    途中にあるのです。通りに面している黄色い看板からははじめ
    フレンチの名店ということは想像できませんでした。記事から
    北島さんの情熱をかいま見て、やはり一度は足を運びたいと
    痛切に感じました。
    2005年07月12日 23:49
  • ありがとうございます

    ブログを見ました。
    料理がお上手なんですね。料理屋さんですか?
    しかも ブログっていうのは こうやって作るんだ!みたいに感心しました。
    是非、北島さんへ 行ってみてください。
    少々、緊張しますが とても 美味しいし、
    やはり 味に迫力っていうか
    何か 味以外の 何かがあるような気がします
    2005年07月17日 22:38

この記事へのトラックバック